全てはこの国の子どもたちの未来のために | NPO法人マザーリンク・ジャパン

マザーリンク・ジャパン
について

わくわくしながら学べる学校を創りました!

Mother link Japanマザーリンク・ジャパン

マザーリンク・ジャパンは2011年の東日本大震災を機に
被災地域を中心に子どもや子育て中のご家族の支援を始めました。

『いつの時代でも、どこに生まれても、
全ての子どもにとって、子ども時代が幸せなものであるように。
母親であることに幸福感と誇りを持てる社会であるように。』
という設立理念の下に活動をしています。

法人概要

団体名称 特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパン
所在地 【東京オフィス】
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-5-9-104
【東北オフィス】
〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町山苗代1-75
TEL:070-2625-8130 eFAX:03-6737-1971
TEL ・ご寄付/ボランティア/東京での取材/講演/その他
 090-3336-3662
・フリースクールについて
 080-7728-3868
・食糧など支援/東北での取材について
 070-2625-8130
eMail ・ご寄付について
donation@motherlink-japan.net

・ボランティアについて
voranteer@motherlink-japan.net

・フリースクールについて
ohisama@motherlink-japan.net

・食糧など物資支援/東北での取材について
tohoku@motherlink-japan.net

・東京での取材/講演/総合的なお問合せ
office@motherlink-japan.net
WebSite http://www.motherlink-japan.org

活動理念

いつの時代でも、どこに生まれても、
全ての子どもにとって、子ども時代が幸せなものであるように。
母親であることに幸福感と誇りを持てる社会であるように。

メッセージ

 私自身、シングルマザーという境遇の中、多くの方のお力を借りながら子育てをしてまいりました。
東日本大震災のあった2011年3月に娘が成人し、
自身の子育てに終止符を打ったところでした。
苦しいこともある中で、私たち親子が多くの方に助けられ、
我が子が心身共に健やかに成長できましたことは、本当に幸せなことであり、
周囲の方々への感謝の念がたえません。
私が仕事で疲れきっているとき、日曜日で自宅にいるにもかかわらず、
娘の同級生のお母さまが、
「たまには一人でゆっくりしなさい。」
といって娘を預かってくださったりと、こちらから助けを求めなくても、
自ら手を差し伸べてくださる方が大勢いらっしゃいました。
母親として、社会情勢や家庭の事情で、子どもに充分なことをしてやれない辛さと、
周囲の方からの支援に感謝する気持ちとの両方を経験いたしました。
震災にあたり、私が想いをはせたのは、
被災しながら子育てをしていかなければならないお母さんたちのことでした。
津波で何もかもを失った多くの人々のことを考えると、
胸が締め付けられるような想いでした。
未曽有な状況下では、女たちは物を言いません。
不安、怒り、悲しみ、苦しみ・・・。
そのような感情があっても、じっと押し黙ったままです。
私が苦しいとき、苦しいと言わなかったようにです。
淡々と時が過ぎるのを待ち、物も言わずに耐えています。
私は、私がしてもらったように、物言わない誰かに手を差し伸べずにはいられませんでした。
私には、まだまだ小さな力しかなく、
これまでもプロジェクトに賛同してくださった全国の多くの方からのご支援があり、
手探りながらもここまで辿り着けました。
しかしながら、まだまだこれからも支援の手を必要としている子どもたちが大勢います。
継続的な活動をするためには、皆様の協力が欠かせません。

  被災地においても、子どもたちの成長は一筋の明かりとなることと思います。
支援してくださる皆様と共に、日本中の子どもたちの健やかなる成長を心より願っております。
どうか、今後とも、末永く皆さまの支援をいただければ幸いです。

収支報告

◎PDFファイルダウンロード

PDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらをクリックして、画面の手順に従って、ダウンロードしてください。 文章をファイルとして保存するにはインターネットエクスプローラーの場合は、右クリックをし、「対象をファイルに保存」を選択してください。保存するファイル名は、拡張子を.pdfにして任意に決められます。

活動報告書

◎PDFファイルダウンロード

PDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらをクリックして、画面の手順に従って、ダウンロードしてください。 文章をファイルとして保存するにはインターネットエクスプローラーの場合は、右クリックをし、「対象をファイルに保存」を選択してください。保存するファイル名は、拡張子を.pdfにして任意に決められます。