• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパンでは、東日本大震災におきまして復興支援活動をしています。



  • ホーム
  • 復興支援 一緒にごはん!プロジェクト

二つのプロジェクトの関連

とうとう、仮設住宅で孤独死が発生しました。悲しくてたまらないことです。

 しかし、東京では震災当初と比べると、明らかに支援熱も冷め、私たちマザーリンク・ジャパンでも、活動資金もなく、ボランティアさんを集めるのも困難な状況になってきました。

 それでも、孤独の中でおこりうる「うつ」,「孤独死」,「児童虐待」、「夫婦間のDV」などを考えると、何もせずにはいられません。913地域の仮設住宅に対し、同じように支援をすることも困難です。「お金をかけずに、被災地外のボランティアを使わずに出来る方法って何だろう?」考えた結果、思いついたのが『一緒にごはん!プロジェクト』でした。

 「考え方」さえ伝われば、被災者の皆さんが自分たちで気軽に始められます。「早寝早起き朝ごはん」では、国民運動として推進され、いろんな団体や教育機関などにより広められた結果、実際に「子ども宵っ張り」が減りました。

そして、もう一つ気になっていたのが、様々な問題を抱え、独りで悩みを抱え込んでいる自治会長さんたちが多いということでした。

この二つをどうやって解決したらよいのだろう、ずっと考えていました。

そして、実際に『一緒にごはん!プロジェクト』を実行に移そうと思ったとき、まず、自治会さんたちにこのアイディアを伝える必要があること気がつきました。

では、まず『自治会長親睦会』をやろう。そして、その中で『一緒にごはん!プロジェクト』を伝えていこう。この二つのプロジェクトで一人でも多くの被災者の方が救われることを祈って、スタートをしました。

2012.6.10更新

ロードマップ

自治会長親睦会



  • ホーム
  • 復興支援 一緒にごはん!プロジェクト